自社製品を安く売る営業

営業さん

会社の中でも利益をガンガン生み出してくれる

素晴らしい存在。

 

機械系エンジニアの私は、自社製品をメンテナンスするので

逆に会社にとってコストになってしまう(人件費、部品代等)

 

営業さんがいないと成り立たない会社がほとんどですよね。

 

でも、その営業さん、ほとんどのひとが

会社が自信をもって売り出している製品を

超驚きの値引きをして売っていますよ。

 

 私は機械系エンジニアですが、お客様先に入るのは営業さんよりも得意なので

時々、メンテナンスを口実に営業さんと一緒にお客様先に行って

営業アプローチのお手伝いをすることがあります。

そこで、感じたことですが

 

営業さん、自社製品のこと全然知らないんじゃ?

 

同拠点の営業さんから製品に関する質問をたくさんもらったり

社内プロジェクトで出会った他拠点営業さんの話をきいたりして

わかったことが一つあります。

会社が営業さんに対して、製品教育をしていない(しているが届いていない)

 

会社さん!

あなたの会社の製品の良さをお客様にお届けするのは営業さんですよ!!!

 

営業さんも、自社製品に対するプライドがないから値引きができるのかもしれませんね。

私は営業さんではないのでそこの心理はわかりませんが…。

 

グループ会社の営業さん、同じ製品を値引きほぼなしで売る!

こんな見出しの記事が社内に出回っていたので、値引きしなくても売れる人はいるんですね。

 

その記事をみたところ、お客様のお仕事に対する理解が高く、どうしたらうちの製品でお客様の潜在的な課題を解決できるか、解決するとお客様にとってどんなメリットがあるかをしっかりとお客様に理解していただけていたようでした。

 

例えば、炊飯器を買うときって何に重きをおいて買われますか?

私は、ご飯の炊き具合が固めにできて、保温が長くてもおいしいご飯が食べられる炊飯器がいいです。

安い炊飯器もたくさんありますが、炊き具合にムラがあったり、すぐ固くなったりするので、安いものは避けたいと考えます。

価格は予算内にあればいい。

こんな条件が私の中にあるときに、ご飯がもちもちに炊ける炊飯器をアピールされても絶対に買いません。

 

使い手のニーズをいかにくみ取るかってすごく大切なことですよね。

 

製品に対するプライド、愛

お客様をよく知る

 

この二つができればきっと少し営業さんが

いや、会社が

いや、社会が良くなるのではないでしょうか

 

すこし大げさだったでしょうか?

でもそれくらい重要なことだと私は思います。