えらべる倶楽部アプリの使い方

会社の福利厚生がえらべる倶楽部になったものの、インストールしたアプリが少し使いにくいなぁと思ったことありませんか?

 

えらべる倶楽部のアプリの使い方をご紹介します。

f:id:nachi_cinnamo:20190530121939p:plain

 

 

ログイン

アプリ起動後はこの画面になります。

ログインを押せばログインできます。

初回ログインの際には自動ログイン会員番号のみ保存する設定にしていると、この画面から会員証を開けるので便利です。

設定のログイン設定からも自動ログインや会員番号情報の保存等変更可能です。

f:id:nachi_cinnamo:20190530122101p:plain

パスワード忘れはこの画面にも書いてありますが、スマートフォンサイトから対処可能です。

ホーム

ログイン後はホーム画面が表示されます。

f:id:nachi_cinnamo:20190530122619p:plain

 

おすすめの情報が画面の半分ほどを制しています。

スクロールするとやっと基本画面です。

 

f:id:nachi_cinnamo:20190530123530p:plain

 

スクロールしていくと宿泊メニュー、生活メニュー、カフェテリアプランのメニューが表示されます。

カフェテリアプランメニューからキャッシュバック申請ができますよ😉

 

 

f:id:nachi_cinnamo:20190530123632p:plain

 

 

テーマパーク補助

生活メニュー内のテーマパーク補助ですが、アプリからの申し込みはできません。

テーマパーク入園券の割引補助はJTBの店舗にて受けられます。

アプリのテーマパーク補助のリンクから確認できるのは、価格と購入条件、申込期間、入園期間のみです。

 

 

カフェテリアプランメニュー一覧

f:id:nachi_cinnamo:20190530124851p:plain

 

カフェテリアプランメニューはかなり大事なメニューです。

なぜこんなに下にあるのかわかりません…。

付与されたポイントを使えるメニュー、過去にポイントを使ったメニューが確認可能です。

カフェテリアプランメニュー一覧にて、付与ポイント、利用ポイント、利用可能なメニューが確認できます。

宿泊代金やレジャー代金、スポーツ施設利用代金、育児介護支援サービス利用代金、自己啓発に使用した代金のキャッシュバックもここから申請可能です。

利用した施設、サービス、商品等の領収書をスマホのカメラで撮影して添付する必要があります。

かなりメニューがたくさんあるので、あてはまるメニューの詳細を表示して対象かどうかご確認の上申請してくださいね。

 

カテゴリ

カテゴリボタンを押すとカテゴリが表示されます。

利用したいサービスのカテゴリを押すと、カテゴリ別にサービス検索が可能です。

f:id:nachi_cinnamo:20190530125617p:plain

 

検索メニュー

カテゴリ同様検索メニューが表示されます。

現在地付近で利用可能な施設の検索や目的地付近の検索をするのに便利です。

旅行先は決まっていて、過ごし方が決まっていない場合などに使ってみると、えらべる倶楽部のサービスを利用できる施設が見つかるので、旅行や遊びのプランを計画するのに使ってみてください。

f:id:nachi_cinnamo:20190530130103p:plain

 

お気に入りメニュー

よく使うメニューを毎回検索するのが面倒くさいなと感じることありませんか?

そんな時はお気に入り登録です。

 

よく利用するサービスの画面にてお気に入りに追加を押せばお気に入り登録は完了です。

f:id:nachi_cinnamo:20190530130616p:plain

 

私は映画館チケット補助をよく利用するので、お気に入り登録をしています。

 

お気に入りメニューは画面右上の三本線でメニューを開き、「お気に入り」から見ることが出来ます。/p>

 

お気に入りメニューはこんな感じです。

 一段目のメニューにはサービス終了しているものもありますが、編集を押しても削除できません…。

 

f:id:nachi_cinnamo:20190530131449p:plain

 

お気に入りに追加したくないものを追加してしまった場合は編集ボタンから、お気に入りの削除が可能です。

2段目以降はメニュー配置も変更可能です。

 

マイメニュー

マイメニューからは付与ポイントの確認やカフェテリアポイント利用申請も可能です。

ホームで見たメニューがまとめられているページです。

このページのほうがホームで見るよりはスクロール量は少なくて済みますが、ホームから見るほうが早いので私はいつもホームから各メニューを利用しています。

f:id:nachi_cinnamo:20190530132046p:plain
 

利用例:映画館チケット補助を利用

えらべる倶楽部でカフェテリアプランポイントを使うのに多く使われているのが映画館チケット補助だと思います。

今回は電子コード型チケット補助を受けるための操作例です。

 

まず利用したい映画館をアプリ内で検索

今回私はお気に入りに登録しているTOHOシネマズにて申請しています。

 

 少しスクロールすると申請ボタンが表示されます。

 

f:id:nachi_cinnamo:20190530132829p:plain

TOHOシネマズは2019年3月からシステム変更により、電子コード型チケットのみの補助となりました。

コンビニ発券はできません。

イオンシネマでは電子コード型とコンビニ発券の両方とも利用可能ですが、電子コード型の方が100円安いです。

電子コード型の場合、入金確認後24時間以降にチケット発見のため注意が必要です。

 

申請ボタンが2つありますが、TOHOシネマズの場合どちらも同じ電子コード型の申請画面になりますので、どちらから申請してもOKです。

f:id:nachi_cinnamo:20190530133226p:plain

 

申請ボタンを押すと、申込をするチケットの名称確認、受け取り方法の確認画面が表示され、スクロールすると申込枚数入力画面が出てきます。

映画館のチケットを何枚申請するか、お申込み数の欄に記入し次へを押す。

f:id:nachi_cinnamo:20190530133408p:plain

 

次に映画館チケット補助金を利用するかどうかの確認画面です。

利用する場合は枚数といれ、利用しない場合はチェックを外します。

この補助金を利用するとチケット1枚につき500円補助金が出るため1,300円から500円引かれて800円になります。

f:id:nachi_cinnamo:20190530133851p:plain

 

スクロールするとカフェテリアポイントを利用するかどうかの確認です。

利用する場合は利用するポイントを記入し、利用しない場合はチェックを外します。

今回は利用しませんでした。

 

ちなみに、1枚の申請で補助金を利用していると、映画館チケットが1枚800円で1,000円以下になってしまいカフェテリアポイントを利用できません。

利用可能期限を確認されて、それまでに2回映画を観るのであれば、2枚で申請すれば800円×2=1,600円になり、カフェテリアポイントが1ポイント利用可能です。

f:id:nachi_cinnamo:20190530133915p:plain

 

スクロールして次へを押すと、個人情報取り扱いへの同意を求められた後、支払方法の選択や情報入力、連絡先入力画面に移行します。

この画面の連絡先情報に、メールアドレスを入力する欄があります。

デフォルトで会社のメールアドレスが入力されていました。

ここのメールアドレスを会社のものにしてしまうと、送付先も会社メールに届いてしまいます。

私はGmailに変更して申請しました。

 

必要情報を入力し、申込が完了するとこんな画面になり、送付先に登録したメールアドレスに申請完了メールが届きます。

電子コード型ではなく、コンビニ発券の場合は、受付番号等が必要になります。

コンビニ発券時に必要な番号は申し込み完了メールにも書かれています。

f:id:nachi_cinnamo:20190530135515p:plain

 

申し込み完了メールはこんな感じです。

電子コードは入金完了後24時間以降に配信ですので、このメールにはチケット情報は記載ありません。

f:id:nachi_cinnamo:20190530135817p:plain

 

クレジットカード決済にて申し込みをして、11:35に申し込み完了メールが来ましたが、翌日の11:36に電子コードが送付されました。

 

あとはTOHOシネマズ等インターネット座席予約のサイトにて、メールで送られてきたチケットコードを入力することで、えらべる倶楽部から購入したチケットをあてがって座席予約することが可能です。

 

おわりに

今回はえらべる倶楽部のアプリのざっくりとした使い方と映画館チケット補助申請をしました。

使えるものは使ったほうが絶対にお得なので、ぜひ活用してみてください。