えらべる倶楽部、映画補助金の使い方

f:id:nachi_cinnamo:20200115190009p:plain

 

JTBが提供する福利厚生サービスである「えらべる倶楽部

 

サービス内容は多岐にわたっていますが、使い方説明があまりないため、使い方を解説します。

 

今回は「映画補助金の使い方」について解説します。

 

 

 

 

映画補助金の金額

 チケット1枚につき500円の補助金が出ます。

 年間10枚まで利用可能です。

 

映画観賞券の会員特典

 えらべる倶楽部では映画観賞券が会員特典で一般1,300円(コンビニ発券だと1,400になる劇場あり)で発券することができます。

 

会員価格の 1,300円に映画補助金を利用することで、一般一枚が800円になります。

 

ほとんどの映画館は一般料金に会員価格が設けられていますが

映画館によっては高校生までの料金にも会員価格が設けられている場合があります

(シネマイクスピアリなど)

 

高校生以下に会員価格がない理由は、学割で安く映画を見られるケースが多いためだと思われます。

 

 

カフェテリアポイント利用による割引

 購入金額が1,000円以上を超えた場合、カフェテリアポイントを利用可能です。

 

カフェテリアポイントを1ポイント利用することで1,000円値引きされます。

 

一般価格に映画補助金利用をした800円では利用不可ですが、2枚購入することで1,600円になるため、カフェテリアポイントを1ポイント利用可能になります。

購入時に600円の支払いで済みます。

 

また、映画補助金を年間利用枚数上限まで使ってしまった後でも、カフェテリアポイントが残っている場合は、一般1,300円のため1ポイント利用することで300円で映画を観ることが可能です。

 

補助金やカフェテリアポイントをうまく利用することでかなり安く映画を観ることができますね。

 

安く観られる分、ポップコーンもたくさん買えちゃいますね

 

f:id:nachi_cinnamo:20200120175603j:plain

 

利用可能な映画館

補助金、会員価格、カフェテリアポイントが利用可能な映画館は

 

ユナイテッド・シネマ/シネプレックス

TOHOシネマズ

イオンシネマ

MOVIX

松竹系映画館

T・ジョイ

シネマイクスピアリ

109シネマズ

 

・・・etc

 

近場の劇場をえらべる倶楽部にて検索してみると、意外と対象劇場の場合があるかもしれません。

 

京都シネマは会員価格が1,800円→1,000円と超お得で驚きました。

f:id:nachi_cinnamo:20200120175811j:plain

 

申込期間

4月1日から翌年3月31日まで申し込み可能です。

電子コード型の場合は、e席リザーブやvit等で入力が必要な電子コードの発行に、支払い完了から12~24時間かかるため、はやめの申し込みが必要です。

 

映画補助金申請方法

 映画補助金申請はえらべる倶楽部のアプリやサイトから可能です。

 

1.「検索」から利用したい映画館を検索

2.「生活・レジャー・トラベル」内の検索結果から利用したい映画館をタップ

3.「申請する方はこちら」のリンクより申請画面に移行。

4.会員価格で購入する枚数を入力し「次へ」

   イオンシネマ等コンビニ発券と電子コード型の二種ある場合は、ページ上部のプルダウンで選択してから購入する枚数を入力し「次へ」

5.補助金を利用する場合は利用する枚数を入力。利用しない場合はチェックを外す。

6.カフェテリアポイントを利用する場合は使用するポイント数を入力。ポイント利用できない金額での購入の場合や利用しない場合はチェックを外すし「次へ」。

7.個人情報の取扱いについて「同意します」

【コンビニ発券の場合】

8.コンビニ発券に必要なコードを受け取るためのメールアドレスを入力して「次へ」を押し申し込みを完了させる。

9.申し込み完了時に表示された番号を、コンビニのロッピーやファミポートに入力し、レジで料金を支払い発券する。

10.劇場の有人カウンターにてコンビニでもらった券を見せ、チケットを発券して完了。

【電子コード型の場合】

8.支払い情報と電子コードを受け取るためのメールアドレスを入力して「次へ」を押し申し込みを完了させる。

9.申し込み完了から12~24時間後、電子コードが記載されたメールが届くため、電子コードを利用して座席指定をして完了。

 

f:id:nachi_cinnamo:20200120175258j:plain

 

えらべる倶楽部アプリの使い方 - なちブログ

 

電子コード型チケットの座席指定方法(TOHOシネマズ)

TOHOシネマズのネット座席指定サービスvitにて、電子コードを利用した座席指定方法を紹介します。

イオンシネマ系のe席リザーブも手順はあまり変わりません。

 

利用日の2日前から上映20分前まで予約可能です。

 

 

1.申請から12~24時間ほどで電子コードと暗証番号が枚数分記載されたメールが届きます。

     この電子コードはTCチケットです。

2.TOHOシネマズのサイトにて、観たい作品を選択。

3.利用する劇場、観る回を選択

4.座席を選択し規約に同意して次へ

5.チケット選択の画面にて「ムビチケまたはTCチケットをお持ちの方」

6.メール送られてきたTCチケット番号とTCチケット暗証番号を入力して認証。

     (複数枚ある場合は5と6を枚数分入力してください)

7.シネマイレージ会員の有無を選択

8.個人情報を入力

9.支払い方法を選択にてスマホやPCでの操作は完了

10.劇場にてvitの発券機にて予約完了時に表示された暗証番号(TCチケットのものではありません)と個人情報入力時に入力した電話番号を入力して発券

 

公式ページに画像付きの説明があります。

インターネットチケット“vit®”ご利用方法 || TOHOシネマズ

 

f:id:nachi_cinnamo:20200120174759p:plain

 

TOHOシネマズの場合、電子コード型の申請しかできなくなってしまったので利用するまでは不安ですが、一度操作してみるとそれほど難しくなかった印象です。

劇場で操作するvit発券機の動きがもっさりしていて少し不安にはなりましたが、無事発見でき、映画を観ることができました。 

 

 

イオンシネマ系のe席リザーブでは、劇場と作品、時間を選択し、ムビチケコードを入力してから座席を選択して劇場で発券するという流れです。

vitとの操作手順の違いは座席指定をどのタイミングでするかという点だけです。

ムビチケのコードと暗証番号をまとめて入力してから座席を指定することができるため、vitよりは少し簡単な気がします。 

f:id:nachi_cinnamo:20200120173918p:plain

 

イオンシネマは電子コード型の方が会員価格が安くなるため、e席リザーブはぜひ覚えたいところですね。

 

おわりに

えらべる倶楽部のサービスの中でも人気のサービスの映画利用補助について紹介しました。

ネット予約は一度試してみないと不安な部分がありますが、えらべる倶楽部で映画補助金の申請ができたあなたなら、ネット予約も簡単にできるはずです。

 

えらべる倶楽部で安く、楽しい映画体験を。

 

 

www.nachi-observe.work

 

 

www.nachi-observe.work

 

 

 

www.nachi-observe.work